【今月の教化部長の言葉】令和3年10月

キャッチする力

教化部長 鈴木幸利

 

 

 お盆休みに入る直前の11日から、ほぼ2週間雨の日が続き、特に九州、四国、中国地方に大きな被害をもたらしました。 戻り梅雨かと思われるような長雨と大雨になった原因は、今年は日本列島周辺の海水温度が高く、特に日本海では、30℃近くに達し平年より4℃も高くなったそうです。 大気中の水蒸気は、気温が1℃上がるごとに7~8%増加するので、気温が上がるにつれて水蒸気量も増え、降水が長引いたり強くなったりしたと考えられています。 これは、二酸化炭素の上昇による地球温暖化にも原因があると言われています。

 

 

 生長の家では “自然と共に伸びる” 運動を推進し、私たちの生活スタイルを見直すことによって二酸化炭素の発生を抑制し、地球温暖化を防止するために低炭素に基づいた生活をしよう、といろいろなアイディアを発信しています。 まずは身のまわりからスタートです。 お肉はなるべく控えて、旬の野菜をたくさんいただく、それが庭先やベランダで育てた野菜なら、なおよろしい。 私はプランターで育てたなすやピーマンやゴーヤなど少々小ぶりですが謙虚な私にぴったりだと思いつつおいしくいただいています。 「 意識して歩く 」ということもなかなか奥が深いものです。 健康に良いということはもちろんですが、目から入ってくる情報がゆっくりなのです。 情報は耳からも皮膚からも入ってきます。 景色の移ろいもさることながら、鳥の声、どこかの家の生活音、ひんやりした早朝の空気など、それらがゆっくり脳に刺激を与えて、右脳を動かします。 脳内に定着するためにはこのゆっくりというのが必要なのです。 先日妻がレタスにドレッシングを掛けて食べようとしていました。 レタスだけだったので、ふと「 トマトか何か赤い色があった方が彩りがいいんじゃないの 」と口から出た言葉に自分自身がびっくりしました。 私の口から彩りという言葉が出るなんて以前だったら考えられないことです。 毎朝のウォーキングで何やら脳内革命が起こっているようです。

 

 

 現在すでに積極的に「 SNIオーガニック菜園部 」「 SNI自転車部 」「 SNIクラフト倶楽部 」に登録して、活躍してくれている仲間もいます。 そういう人たちには、どんどん新鮮な情報を発信してもらって、私達も共有させてもらい、裾野を広げていきたいと思います。 そして、これが持続可能な取り組みとなるように、私は、だれひとりも取り残さないように、みんなで支え合っていきたいと考えています。 “集団の中での孤独が一番寂しい” ということにならないように、身の回りの出来ることから一緒に続けていきましょう。

 

 

 さて、「 世界平和のための特別誓願券 」は届きましたか? 宇宙浄化のお働きとして顕れた住吉大神様の力を頂いて、新型コロナウイルスの終息や世界平和のために “わが身を神さまの御心のままにお使い下さい” と誓願するものです。 神・自然・人間が大調和した世界をこの世に現し出すためには、それを信じて疑わず祈り続けて行動し続けることしかありません。 奉納されました “誓願券” は、11月21日の秋季大祭より1年間龍宮住吉本宮の外陣に奉安され、常に造化の三神と住吉大神の祝福に包まれ祭祀されます。 私達はその誓願券をアンテナとして送られてくる神様放送をキャッチする力をつけなければなりません。 神様放送に波長を合わせるためにはどうしたらいいでしょうか。 感謝の心で神様の御心のままに私を使わしめ給えと祈ることですね。

 

 

 京都の清水寺の狛犬は両方とも口を大きく開けているそうです。 普通はあ・うんといって一方は口を閉じているものが多いのですが、両方が口を開いているので日本で一番うるさい狛犬と云われています。仏の教えをどんどん伝えて力強く広めていきなさいという意味もあったとか。 私たちもマスクはしていますが心の口を大きく開けて1人でも多く協力してくれる人を増やしていきましょう。