いつも使っているお箸やスプーン。家族写真の入った写真立てや、小物入れとして使っているポーチ・・・。生活の中で手にする身近なモノを、ちょっと自分でつくってみる。上手じゃなくてもいい。自分でつくる過程の中には、心を豊かにしてくれる学びが多くあります。

 モノづくりに欠かせない“素材選び”は、木材なら国産材。植物や動物から分けてもらえる天然繊維の糸や布。今まで捨てていたモノを、別の何かにリメイクしてみる。

 安く・早く・楽に手に入る消費生活から、身の回りのモノを大切に生かす、ていねいな生活へ。

生長の家自然の恵みフェスタ2016 パンフレットより抜粋

 

モノをつくる生活 新着情報一覧

2017年

4月

16日

【白鳩会】身の回りのモノを大切に生かそう!!(番外編)


★アフガニスタンの子ども達に使用済みのランドセルを贈ろう

という、クラレ主催、国際協力NGOジョイセフ協力の

「ランドセルは海を越えて」キャンペーに参加しました。

 

 

★アフガニスタンでは、23年間続いた内戦が2001年に終結したものの、教師や学校施の不足、家庭が貧困であることなどを理由にいまだ多くの子どもが学校教育を受けらていません。

 

 

★2004年からスタートしたキャンペーン、すでに10万個近いランドセルが海を越えたそうです。

 

 

★ランドセルは大きく、光ってカラフルで、形に特徴があるためとても目立ちます。

 何もない農村地域ではランドセルの配付を始めて1年であっという間に学校へ通う子どもたちの象徴となりました。

 貧困のために、子供の就学に同意しなかった親たちの間にも、子どもたちに日本から贈られたランドセルを背負わせて勉強させてやりたいと気持ちが芽生えました。

 

★ランドセルを男女に平等に配ることで、「女の子も男の子と同じように学校へ通うのが当たり前」という考えが地域で根づき始めています。

★☆★☆★作業風景★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


続きを読む 0 コメント

2017年

2月

13日

【白鳩会】身の回りのモノを大切に生かそう!!(第1回)

たのしかったよ~!クラフト制作 

続きを読む 0 コメント